FX初心者にはなぜテクニカル分析が欠かせないのか

FX初心者にはなぜテクニカル分析が欠かせないのか

チャートは、過去のデータをグラフ化した値動きとして、視覚的にとらえることができるため、今後の相場の行方を予測するうえでとても役立ちます。初心者の方は、まず少額取引、1000通貨でFXをする方法も有効です。

 

また、チャートが有効な理由がいくつかあります。まず、投資家の動向もある程度読めるということ。これには世界中の投資家がチャートを見ながら売買しているからという理由があります。

 

チャートで売買タイミングを判断する方法をテクニカル分析といいますが、多くの投資家が同じ分析方法で売買をすれば、相場もその通りに動きやすくなります。よって、チャートでの売買判断も当たりやすくなるというわけです。

 

為替相場の値動きを予想する際、チャート分析が有効です。いま、相場がどういう位置や状況にいるのか、そして今後どのように動くのかを予想する際、チャート分析は大きな武器となります。

 

このテクニカル分析を行うには、移動平均線、DMI、MACD、ボリンジャーバンドなど代表的なテクニカル指標の使い方についてマスターする必要があります。しかし肝心のパラメーターの設定如何では、パフォーマンスが全く上がらなかったり散々な目にあうこともしばしば。

 

ではテクニカル分析に精通していない方はどうやってFXをすればいいのでしょうか。結論を先に言ってしまえば、チャートで明らかにトレンドが発生している為替相場で取引を行うこと。

 

為替相場には主に以下のような3つのトレンドが存在します。これらに分類できるチャート図が出現したときのみ取引する癖をつけるようにしましょう。

 

予測がしづらい相場では取引する必要はありません。相場には"休むも相場"という格言があります。

 

目の前で為替レートが動いていると、どうしてもポジションを持ちたくなります。しかし、無我夢中で無駄に取引をして資金をすり減らしていくことは絶対避けなくてはいけません。チャンスはいくらでもあります。FX初心者の方は、焦らず気長に待つこともFXを続けていくうえでは重要になってきます。

欧州債務懸念に加えて、世界の景気減速懸念から商品市況が下落しており、FX投資家心理が悪化。米国株の下落影響によってシカゴ日経225先物清算値は8420円となり、大証ナイトセッションで織り込まれているものの、日経平均はこれまでの25日線と75日線とのレンジを割り込むことになる。支持線を下回ることによって、年末高への期待感が徐々に後退することになりそうだ。